ウラジオストク市の上にロマンチックな旅

35 000
  • 全季節的な
  • 空気
  • 2
  • 4
  • от 5 - 15 км.


気持ちを献上して、あなたの愛する人のために心の形にロマンチックな気球で飛行を催してください!

時刻表:

暖かい季節(4月15日〜10月15日)に出発は6時、18時です。日中にこの期間中は、日中の太陽活動は増加します。これは地面の不均一な加熱のために強力な上昇および下降流の出現を形成し、それから気球の飛行は悪く制御られます。 冬には、日中を通して気球の飛行が行われます。

観光に含まれるもの:

  • 出発の1時間前に、ロシア島、ウラジオストクで会合(指標はRosneft給油所です)。 会場は天候によって異なります;
  • 災害防止の教導5分間;
  • 大きくて赤い心の形に気球;
  • 飛行の前に、膨らんだ気球を背景で最も美しい写真を作る機会があります;
  • あなたは自分の写真家やオペレータを招待することができます。 離陸の準備時間:20〜40分間
  • 技能のあるパイロットに操縦される気球は事前に選択されたパイロットで場所まで飛ぶ。 飛行の時間は2時間、距離は5-15 km、飛行の高度は最大2000メートルです;
  • 地上で気球を車とラジオでパイロットと連絡する私達のチームは伴っています;
  • 飛行の後で、18世紀の伝統に従って、シャンパンと飛行の規定された最大の高さで個々の証明書の交付、航空家の厳粛な叙任の式;
  • 叙任の式の後で、チームは気球を集める時にパイロットと一緒に思い出すために写真を作ることができます;
  • 市内の着陸地点から無料移動は、その場で主催者と話し合うことができます。

何を携帯します:

熱気球で飛行のために、天候に応じて快適な普段またはスポーツの衣服を着ることが最善です。帽子は一年中いつでも望ましいです。あなたは飛行のために気球を準備する際にチームを助けることを望むなら手袋は必要です。飛行中、気球は気団と共に移動するので、風は感じられない。暖かい季節の朝のフライトには防水シューズをお勧めします。前進基地に露の可能性があります。安全の理由から、綿のような難燃性の材料が合成材料よりも好ましい。必ずカメラやビデオカメラを持って行くか、私たちの写真を注文してください。ゴンドラのスペースが限られているため、護衛車の中に大きなバッグやバックパックを置いたほうがよいでしょう。

追加の情報:

  • パイロットは飛行の数時間前に飛行のルートを押し通ります;
  • 地球と太陽の目覚めの間の朝のフライトは非常に美しいです。 夜のフライトでは美しい夕日を楽しむことができます。 どちらも面白いです。 各気球の飛行は独特で、すべての参加者は長い間にこれを記憶します;
  • 統計によると、熱気球で飛行は、すべての既存の航空機の中で最も安全です。熱気球の設計はすべての航空機の中で最も安全で大きなパラシュートであります。熱気球の飛行のために規制機関は航空の技術の継続的な検査を行います。安全な航空の飛行の哲学は、大胆不敵なパイロットがもっと危険なものはないということです。 したがって、フライトが気象条件のために延期されると言われた場合は、これを理解し尊重してください;
  • 普段に熱気球は高さ数キロメートルまで飛ぶ。上昇に伴い、空気がもっと希薄で、それが人とバーナーの働きに影響を与えることに留意する必要があります。安全な(酸素装置の存在なしで)3000から4000までメートルの高度に上昇すると考えられています。観光の飛行中に飛行高度は、乗客の希望および現在の気象条件によって異なりますが、飛行の区域内の飛行の規則によって制限されています。熱気球で記録飛行は8000メートル以上の高度で実行することができます。

重要な情報:

  • すべての航空と同様に、天気は安全な気球で飛行にとって最も重要な側面の1つです。 雨、雷雨、地上または空中での風は飛行を延期するための根拠です。 パイロットの勇気は飛行を放棄することです(悪天候の中で)という ;
  • パイロットの勇気は飛行を放棄することです(悪天候の中で)という。パイロットの許可なしに、ロープやホースを引っ張り出したり、バスケットの両脇に座ったり、バルブを回したり、バスケットから登ったり降りたりすることは禁止されています ;
  • 安全上の理由から、バスケットの側面と内側にあるロープのループを取り付く必要があります。 着地の前に、地面と接触の瞬間を見ながら、膝を少し曲げて、(ジャンプ時のように)しゃがんでください ;
  • 着陸のためにパイロットは飛行の経路に沿って位置する十分な大きな野原を選ばなければなりません。地面の風速が速いほど、障害物を避けるために野原は大きくなります。野原が近づくと、被覆の加熱が止まり、気球が下がり始めます。被覆の空気は特別なパラシュートのバルブを通して放出されます。強風の時に着陸は珍しい感覚をもたらします。地面と接触する気球は落ち始めます。この時点で、気球は完全な止まりまでゴンドラの内側のハンドルをしっかりと取り付く必要があります。いかなる場合にも、パイロットの許可なしにバスケットを離れないでください。

同様のツアー

ウスリスク市の上にグループの飛行
散歩用の 5 500

ウスリスク市の上にグループの飛行

ウラジオストクの上に気球で個々の飛行
散歩用の 35 000

ウラジオストクの上に気球で個々の飛行

ウスリスク市の上に朝の個々の飛行
散歩用の 17 000

ウスリスク市の上に朝の個々の飛行

ウスリスク市の上に晩と休日の個々の飛行
散歩用の 19 000

ウスリスク市の上に晩と休日の個々の飛行

ウラジオストク市の上に気球でグループの飛行
散歩用の 12 000

ウラジオストク市の上に気球でグループの飛行

ウスリスク市の上にロマンチックな旅
散歩用の 17 000

ウスリスク市の上にロマンチックな旅

入口